生理前 症状

生理前のイライラなど辛い症状を改善したい

生理前になると訪れるイライラや頭痛などの症状。
毎月むくみも酷くなったりニキビもできて外出だって億劫になりますよね…。
そんな生理前症状に悩まされている女性はたくさんいらっしゃいます。
「普段よりイライラしているのは解っているけど、コントロールできない!」という経験も多いのではないでしょうか。

 

毎月の生理前に限って同じように、イライラだけでなく辛い症状がある場合には生理前症候群かもしれません。

 

 

生理前症候群とは

 

多くの女性を悩ませる生理前症候群。
医学的には
「生理前3〜10日間続く、精神的あるいは身体的症状で、月経発来とともに減退ないし消失するもの。」
と定義されています。*参照:日本産科婦人科学会用語解説集

 

要するに、生理前に訪れる心と身体の様々な体調の変化、症状のことで、生理が始まると自然に消えたり、軽くなるのが特徴。

 

生理前症候群の症状はとても様々で、身体的なものから精神的なものまで実に多岐に及びます。

 

生理前のイライラは誰でも

 

体に現れる変化だけでなく、感情の変化もその症状の1つなのです。

 

イライラの原因は

 

生理前にイライラしてしまうのはあなたの性格のせいではありません。
ホルモンバランスの変化によるものです。
ちょうど生理前の排卵後の期間は神経伝達物質のひとつである「セロトニン」が減少します。
このセロトニンは心の安定をつかさどる物質のため、不足することでイライラすることが多くなってしまうのです。

 

気分の揺れの程度には個人差が大きく、その症状が出る期間も、生理直前だけという人から一週間から10日以上前から生理が終わるまでの長い期間に悩まされる人まで。
イライラ症状が重く長期間出る場合には、日常の生活や人とのコミュニケーションにも支障をきたすほど。

 

生理前のこの憂うつな時期、イライラのとばっちりを受けやすいのはやはり男性でしょうか。

 

 

女性の体調としてやむを得ないとしても、八つ当たりやイライラには迷惑している模様、予防が出来たらそれに越したことはないですよね。

 

生理前の様々な症状

 

女性全体の50〜80%にイライラなどの生理前症候群の何らかの症状が現れるというデータもあるほど。
生理前の症状の種類も200〜300と幅広く、精神的なもので一見すると無関係と思われるような症状も…。
そのことから自分では、生理前特有の症状とは自覚しておらず、何の対策もしていないという方も多いようです。

 

生理前のココロの症状

 

イライラする・抑うつ・不安になる・だるい・混乱する・引きこもり・イ集中力がなくなる・憂うつになる・ミスが多くなる・興奮する・無気力になる・仕事の能率が低下・食欲増進など

 

生理前のカラダの症状

 

頭痛・腹痛・腰痛・顔や四肢のむくみ・乳房の張りや痛み・微熱・肌荒れ・強い眠気・不眠・便秘・下痢・吐き気・めまい・ニキビ・おりもの・腹部膨満感・肩こりなど

 

 

生理前症状の原因は

 

イライラなどがどうして起こるのか、その原因はまだはっきりしていないのですが、考えられる要素として以下の3つがあげられています。

 

女性ホルモンの分泌量の変化

 

女性には女性特有のホルモンがあり、生理?排卵までは「エストロゲン(卵胞ホルモン)」、排卵?生理前には「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が活発に分泌されます。

 

 

「エストロゲン」

  • 自律神経を活発にして体調や精神面を安定させる
  • 女性らしい丸みのある体つきにする
  • 血流を促し、真皮のコラーゲンを増やして肌に潤いやハリを出す
  • 骨にカルシウムを蓄える

 

といった特徴があります。

 

「プロゲステロン」

  • 体に栄養や水分を備えようとする
  • 抑うつ状態・イライラ感を作りやすい
  • 血糖値を下げる
  • 腸のぜん動運動を抑える

といった特徴があります。

 

生理の終わったくらいからエストロゲンが多く分泌され、排卵日を境に急激に低下、今度は生理の一週間前ぐらいにプロゲステロンの分泌が盛んになります。
この2種類の女性ホルモンの分泌量が一般的には28日周期として、大きく変動するために、イライラなど心と身体に変調がきたしやすいのです。

 

脳内物質の低下

 

生理前に女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量が減ることによって、「セロトニン」の分泌が急激に減ります。
この「セロトニン」は、喜びを感じる脳内物質なので、これが減ってしまうことによりイライラや情緒不安定な状態になり、悲観的になったりうつのような症状が出やすくなります。

 

ビタミンやミネラルの欠乏

 

ビタミン、ミネラルが不足すると生理前症候群になりやすいと言われています。
忙しい女性は欠食などでビタミン、ミネラル共に不足しがち。またストレスの多い生活はイライラしてビタミン消費を加速させます。
サプリメントなどで適宜補う必要があります。

 

生理前症状を強くしてしまうパターン

 

環境や強いストレス

ストレスはもちろんイライラが増したり、生理前の症状を悪化させます。
人間関係の悩みがあったり、お仕事の事情で常に緊張している状態の時、睡眠不足が続いた時などには症状が重くなりがちです。

 

性格

普段から真面目で几帳面、クヨクヨ悩んでしまう、細かいことを気にしやすい、辛くても我慢してイライラも表面に出さない人などは、生理前症状を強く感じる傾向が見られるようです。

 

食生活

バランスの悪い食事はビタミンやミネラルの不足が原因で症状が強くなります。お酒やタバコ、コーヒーや甘いものなどの嗜好品を摂る人も症状が出やすくなります。

 

冷え

身体が冷えると全身の血行が滞り、女性ホルモンを分泌する卵巣の機能を低下させる原因になります。
特に、生理前の時期はただでさえ血行が悪くなりがちです。

 

生理前の症状を改善するには?

 

辛い症状は心がけ次第で改善が可能です。
生理前症候群は先述の通り、様々な要因が重なって起こります。
イライラなど症状の改善には以下のことを心掛けてみてください。

 

食生活

生理前症候群の症状はホルモンバランスの影響を受けていると考えられていますので、食生活を見直してホルモンバランスを整えることが最重要要素と言えるでしょう。
カルシウムやマグネシウムを多く含む食材はイライラ症状を軽くしてくれます。

 

●食べた方が良い食品
大豆類、緑黄色野菜、魚類、種実類、海藻類、植物油脂です。
チーズ、ゴマ、アーモンド、小魚、 ピーマン、ブロッコリー、パセリ、ほうれん草など

 

身体を温める

生理前は血流が滞りやすいことから、特に身体が冷えてしまいがちになります。
生理前はもちろんですが、普段からあまり身体を冷やさないようにしましょう。
温めのお湯にゆっくり浸かることは身体を温めるだけでなくイライラを鎮める効果もあります。

 

 

飲み物は常温のお水やお茶、ホットレモンやショウガ湯、ホットミルクなどがおすすめ。
ネギやショウガ、唐辛子などは身体を温める効果のある食材です。

 

良質な睡眠

睡眠不足はホルモンバランスを崩しやすいだけでなく、ストレス増加、イライラの原因となりますので、生理前の症状を改善させるためには睡眠を充分にとることが大切です。

 

アロマテラピー

生理前のイライラにはアロマテラピーもおすすめ!
アロマオイルを1滴ティッシュに垂らして胸ポケットに入れておいたり、希釈オイルで薄めて直接手首などにつける方法があります。
イランイラン、ネロリ、クラリセージ、ラベンダーなどが有効です。なかでもクラリセージは香りを嗅ぐことでイライラが治まる効果もあるので即効性が期待できます。

 

適度な運動

運動不足は基礎代謝を低下させて、身体を冷えやすくしてしまいます。
適度な運動をすることでストレスも発散!ホルモンバランスを整えて、イライラだけでなくその他の生理前の様々な症状も軽減が期待できます。
運動が苦手という方には軽いストレッチやヨガのポーズをとるだけでも効果的です。

 

低用量ピル

ピルは避妊にも用いられる女性ホルモン剤ですが、避妊効果の他に生理前症候群や生理痛軽減などの効用もあります。
低用量ピルにも種類は色々あり、ホルモン含有量などが異なっているため、自分に合うものを探すことも重要です。

 

生理前症状のためのサプリメント

ホルモンバランスを整えるためのサプリメントが人気です。
お仕事の都合などで食生活の改善がなかなか難しい場合や、できるだけ早く生理前症状を改善したい女性には、サプリメントの活用をおすすめします。
イライラや頭痛などの生理前症状にはまだまだ解明されていない部分が多いですが、近年では症状の緩和に効果があるとされる成分がわかってきました。

 

チェストツリー

女性ホルモンの不足による症状を緩和する効果が期待できます。
毎日摂取することでホルモンバランスを整えます。
生理前症状を抑える成分として一番評価が高いのがこのチェストツリーです。

 

プラセンタ

プラセンタには「内分泌調整作用」と言うホルモンバランスを整える働きがあるため生理前症状にも効果が期待できます。

 

γリノレン酸

γリノレン酸は、脂肪酸の一種で、ホルモンバランスを整える成分と言われています。
γリノレン酸を豊富に含む食品はないため、サプリメントや、月見草オイルなどから直接摂取することがおすすめです。

 

テアニン

テアニンはお茶に含まれているリラックス成分で、イライラを鎮め、生理前症状が緩和された症例があります。テアニンを抽出したサプリメントやドリンクで効率よく取りましょう。

 

生理前症状の改善のためのサプリメントランキング

 

イライラなど生理前症状緩和には、ホルモンバランスを整えることが最優先です。
それにはサプリメントの服用が効果的。
毎日飲むことであの辛い症状が緩和されるのなら是非試したいところですよね!

 

実際にサプリメントを一定期間続けてみた方からは

 

「身体がラクになった」
「心が穏やかになって生理前のイライラが落ち着いた」
「頭痛やむくみが無くなっていつの間にか生理がきた感じ」

 

という声が聞かれています。

 

病院へ行くのはちょっと億劫ですが、サプリメントなら気軽に取り入れられそうですね。

 

以下に生理前のイライラなど辛い症状におすすめのサプリメントをランキングで紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。

 

ルナベリー

 

ルナリズム

 

生理前の辛い症状に「ルナベリー」

 

「ルナベリー」は同じ悩みを持つ女性たちによって開発されましたそうです。購入リピート率は驚異の93.2%と、満足度の高さを物語っています。

 

生理前の症状にアプローチするチェストベリーをはじめとした9種のハーブと、月見草オイル、亜麻仁油を1粒にギュギュッと配合。

 

原料の受け入れから出荷まで全ての過程で、厳重な品質管理を行い、安全性や品質保持に関する試験・分析をしています。
安心・安全にこだわり抜いて製造されているので、優しいサプリだからはじめてでも安心なのです。

 

ルナベリーは眠気や副作用などの心配がないのが嬉しいポイント。
ハーブやオイルなどのあくまで自然成分の力で女性特有の辛い生理前の症状に働きかけます。

 

実際の商品がこちら ↓↓↓

 

ツルツルの感触で飲みやすい大きさ。スルッと喉を通ります。
においも味も全くありません。

 

>> 「ルナベリー」のお得な Web 購入ページへ

 

 

女性のミカタ

 

女性のミカタ

 

生理前の症状をケアしてくれる「女性のミカタ」

 

悩みを少しでも穏やかにしたい、そんな女性におすすめのサプリです。
「女性のミカタ」は女性特有のツライ生理前の症状に特化した成分だけを厳選配合されています。
有効成分と言われているチェストツリー、月見草成分を配合した高機能サプリメントです。
1日2粒なので、負担無く続けられます♪

 

実際の商品がこちら ↓↓↓

 

私の手が小さいために粒が大きく見えちゃうかもしれませんが、小さめでツルンとした粒なのでご安心ください。

 

>> 「女性のミカタ」のお得な Web 購入ページへ

 

 

マカ・プラセンタ

 

マカ・プラセンタ

 

 

生理前の不調に“さよなら”「マカ・プラセンタ」

 

高品質マカと、高濃度のプラセンタの配合されたサプリメント。
品質管理も徹底して、国内の安心安全の工場でつくられています。

 

原産国ペルーから原料となるマカを信頼のある農場から直輸入して、マカはマカの実の部分の粉末と、有効成分を抽出・精製・濃縮した"マカ・エキス末"の両方を使用し、プラセンタは国産のSPF豚のみの豚胎盤を利用しています。
生理前症状の原因となるホルモンバランスの乱れに作用するサプリメントです。

 

余分なカロリーを摂取することなく、1粒でより多くの成分を配合できるように考えられたハードカプセル。

 

実際の商品がこちら ↓↓↓

 

「 一般的な大きさのカプセルです、一粒ずつ飲みましょう」

 

生理前症状の改善と、美容と、両方手に入れたいという女性にはこちらのサプリメントがおすすめです。

 

>> 「マカ・プラセンタ」のお得な Web 購入ページへ

 

 

アサイー&ノニ

 

 

生理前のニキビ予防にも「アサイー&ノニ」

 

話題のビューティーフルーツ「アサイー」と「ノニ」を1つにした「アサイー&ノニ」。どちらも栄養バランスがよく含まれているので、生理前の症状の改善だけでなく、女性の美容・健康・ダイエット効果も期待できるスーパーサプリです。
さらに下記の美容成分がプラスされています。
●コラーゲン
●ローズピップ
●γーリノレン酸(月見草油)
●αーリノレン酸(アマ二油)
●ビタミンE
●リンゴンベリー
●カシス

 

>> 「アサイー&ノニ」のお得な Web 購入ページへ

 

 

 

いずれのサプリメントも初回はかなり割引価格で購入できるので、生理前症状の改善、体質改善のために取り入れてみてはいかがでしょうか。